一般財団法人 日本総合戦略研究所

General Incorporated Foundations , Japan Strategic Research Institute ( JSRI)


一般財団法人 日本総合戦略研究所

General Incorporated Foundations , Japan Strategic Research Institute ( JSRI)


はじめに

強くなければ生きていけない。優しくなければ生きる資格がない。

古典的で、有名なこの言葉は、日本では高倉健の映画「野生の証明」で馴染みになりましたが、もともとは20世紀の小説家レイモンド・チャンドラーが作品の中で主役のフィリップ・マーロウに語らせた言葉です。

われわれ日本人も、世界で最も強く、最も優しい心、すなわち「大和魂」を、この日本の地で、じつに2万年にわたって培ってきました。



㈶日本総合戦略研究所は、世界の安全保障などについて、坂上芳洋理事長を中心として、内閣閣僚、国会議員、防衛省、関係企業などに提言を行っておりますが、今般、わが日本の同胞ともさまざまな情報を共有すべく、当新サイトを創設することとなりました。

メインテーマは、日本人が本来持っている「強く、優しい心、すなわち大和魂」の再発見であり、ひいては大和魂を蘇生していこうとするものです。 (→ 全文)


顧問 古鳥 史康

理事長ご挨拶



米国による世界の一極支配体制が終焉して以来、当の米国はじめ、中国、ロシア、EUなど世界各国は新たなパワーの枠組みを求めて、激しい情報戦、経済戦争、実動をともなう局地紛争を展開しております。

当の米国では、個性の強いトランプ大統領があらゆる固定観念を破って米国国家と世界の新たな関係を構築しようとしています。

また日本では、戦後75年間で初めて、米国から押し付けられた憲法を改正しうる国会の議席構成になっています。その結果、アメリカ、ロシア、中国などによる安倍政権への揺さぶりは日本国内スキャンダルの形をとって表出し、中国による日本孤立のためのプロパガンダも一層先鋭化している状況です。

また、本年6月12日、史上初めての米朝階段が米国トランプ大統領と北朝鮮最高指導者金正恩の間で行われましたが、非核の約束は入り口のみで具体的な非可逆的な言及はありませんでした。安倍首相の強い要望でトランプ大統領から申し入れた拉致問題の解決は、俎上にのぼったようですが共同宣言には盛り込まれませんでした。安倍首相は日朝会談に意欲を見せていますが、単に経済支援を強いられるとの間違いをしてはなりません。 (→ 全文)


理事長 坂上 芳洋


お知らせ 2020-2019年

2020年

9月30日

坂上芳洋理事長「懲りない防衛省、中止となったイージス・アショアのSPY-7復活は前代未聞の愚策ーーイージス・アショアの代替はこれだ! 」が、フォーカス「日本のミサイル戦略」に掲載されました。


6月27日

坂上芳洋理事長、河野防衛大臣に「イージス・アショア配備計画停止後の新ミサイル防衛構想」を提言しました。

同、坂上理事長の河野防衛大臣提案資料が、フォーカス「日本のミサイル戦略」に掲載されました。


6月15日

河野太郎防衛大臣、「イージス・アショア配備計画の停止」を発表しました。


2019年

12月24日

坂上理事長、安倍総理の実弟岸信夫議員と面談し、イージス・アショアについて、国防に対する政権のあるべき姿勢を提言しました。

9月20日

フォーカスに坂上理事長の「日本のミサイル戦略」が掲載されました。


8月14日

フォーカスのミャンマー記事情報に「妻鹿保夫理事こぼれ話」が設定され、宮崎黄石氏(宮崎滔天の曾孫)をご紹介しています。


3月29日

講談社の現代ビジネスの坂上理事長の特集がフォーカス欄に掲載されました。


フォーカス!

理事長・幹事会

坂上芳洋・古鳥史康



世界の平和に資する資料・情報




常任委員(幹事会)

理事長 坂上芳洋

米国レイセオン元上級顧問

理事 加藤正迪

アマン東京代表取締役社長

理事 藤澤哲史

日本マスターカード元副社長

次席研究員 大島司

近代史研究家・作家

理事 大島博貴

ジャパン・プレミアム代表取締役社長

理事 妻鹿保夫

ミャンマー・ダウェイ文化経済開発協議会 理事長

参与 Stephen A Town

レイセオン インターナショナル 常務取締役

事務局 大向貴子


財団の概要